海外製 / 日本製それぞれのおすすめホエイプロテインと選び方を徹底解説!

【エクスプロージョンホエイプロテイン】国産で最安のホエイプロテインをレビュー!【評判・口コミ】

5.0

たんぱく質を効率的に摂取することができるホエイプロテインですが、国産のものは、海外産のものに比べて高くなりがちです。

そんな中、海外産にも負けない値段の安さを誇る国産プロテインであるX-PLOSION(エクスプロージョン)ホエイプロテインをレビューします。

「海外産プロテインは何だか不安だけど国産プロテインは高いから・・・」と悩まれている方にはもってこいのプロテインになっていますのでチェックしてみてくださいね。

エクスプロージョンとは?

X-PLOSIONラインナップ

エクスプロージョンは、エクスプロージョン合同会社(本社:神奈川県横浜市)から発売されているプロテインです。

エクスプロージョン合同会社は、2013年に創業され、各種プロテインやBCAA、エナジードリンクも製造・販売しています。

エクスプロージョンのプロテインは、純国産プロテインで有名ボディビル選手も愛用していますので安心して摂取できます。

テレビなどでも活躍されているバズーカ岡田こと岡田隆さん(日本体育大学 体育学部 准教授)も絶賛していることから安心できますね。

また、冒頭でもご紹介しましたが、日本製のプロテインは、海外製プロテインに比べて製造量が少ないことから高価なものが多いですが、エクスプロージョンは海外製に匹敵する安さを実現していることが大きな特徴です。

エクスプロージョンホエイプロテインの成分 / 値段

エクスプロージョンホエイプロテインの成分 / 値段を表にまとめました。

フレーバープレーンミルクチョコレート味バナナ味ストロベリー味
サイズ3kg3kg3kg3kg
値段3kg:4,763円3kg:5,281円3kg:5,281円3kg:5,281円
サービングサイズ(1食分)30g30g30g30g
たんぱく質22.6g20.9g21.1g20.9g
総脂質2.6g2.9g2.8g2.4g
総炭水化物2.3g3.6g3.5g4.3g
たんぱく質含有率75.3%69.6%70.3%69.6%

エクスプロージョンホエイプロテインは、ホエイプロテインの中で最もポピュラーなWPC(ホエイプロテインコンセントレート)に分類されています。

そのため、脂質が極端に少ないとはいえませんが安価に購入することが可能です。

ホエイプロテインには大きく分けてホエイプロテインアイソレート(WPI)とホエイプロテインコンセントレート(WPC)に分けられます。

be LEGENDプロテインが分類されているWPCは、WPIに比べて安価という大きなメリットがありますが、たんぱく質含有率が少し低く、乳糖(牛乳のお腹を壊しやすくする成分)が多少多めのため、牛乳を飲んでお腹を壊しやすいという方はWPIのほうをおすすめします。

WPCの詳細はこちらの「プロテインの種類(ホエイ / カゼイン / ソイ / エッグ)を知って目的に合ったプロテインを見極めよう!」でご紹介していますのでご覧ください。

エクスプロージョンホエイプロテインには、プレーンも含め20種類のフレーバー(味)がありますが、今回はプレーンとミルクチョコレート味、バナナ味、ストロベリー味を表示しています。

この他にも新発売の練乳味やブルーベリー味などたくさんのフレーバーがありますのでチェックしてみてください。

たんぱく質含有率は、プレーンで75.3%、フレーバー入りで69.6~70.3%となっており、フレーバー入りは以前ご紹介した、同じ国産のbe LEGENDプロテインなどと比べても少し低めですね。

エクスプロージョンホエイプロテインのサイズは、基本が3kgのものであり、他にお試し用の300gのものがあります。

300gのものはあくまでお試し用ですので表には記載していません。

3kgのプロテインを購入した場合、毎日1回、約20gのたんぱく質をプロテインから摂取する場合、プレーンで約113日分、フレーバー入りで104~106日分になります。

脂質やたんぱく質を同じ国産のbe LEGENDプロテインと比べてみると脂質は1g程度多いですが、炭水化物は0.5~1g程度少なくなっています。

そのため、カロリーに換算するとエクスプロージョンホエイプロテインのほうが5~7kcal程度余分に多く摂ってしまうことになります。

但し、よっぽど厳格にカロリー制限を行っていない限りは気にならない程度です。

海外製でもいいからたんぱく質含有率にこだわりたいという方は、こちらの「海外製 / 日本製それぞれのおすすめホエイプロテインと特徴を徹底解説!」の記事でおすすめプロテインをチェックしてみてください。

エクスプロージョンホエイプロテインのレビュー

今回は、ミルクチョコレート味(3kg)を購入しましたのでレビューしていきます。

パッケージについて

X-PLOSIONとスマホとのサイズ比較

パッケージは袋タイプになっています。

サイズは、高さ約47cm、横:約26cm、奥行き:約14cmとなっています。上記写真は、5.2インチのスマホとの比較です。

エクスプロージョンホエイプロテインは、袋タイプです。3kgのサイズでかなり大きいので持ち運びは難しいですので持ち運ぶ際は別の容器に移す必要があります。

袋タイプのものは最初は大きいですが、消費していけば折りたたんで小さくできるのがメリットです。

裏に成分の表示があります。(成分表示が無いものは見たことありませんが、もし無いものがあったら買うのはやめましょう)

X-PLOSIONホエイプロテイン成分表

ジッパーはMYPROTEINのように2重ではなく、1重になっています。

ジッパータイプのものは閉めづらいものもありますが、エクスプロージョンホエイプロテインは他のものに比べて小さいため、簡単に開け閉めしやすいのがとても良いです。

ただ、袋を開けた切り口は不注意にしていると指を切ってしまうかも?と感じますのであまり雑には扱わないほうが良いかもしれません。

エクスプロージョンホエイプロテインジッパー

スプーンについて

エクスプロージョンホエイプロテインのスプーンは、袋の中に入っているタイプです。

このタイプは下のほうに紛れ込んでいてプロテインまみれになっているのであまり好きではないのですが、be LEGENDのようにスプーンが別で届くほうが珍しいので仕方ないですね。

エクスプロージョンホエイプロテインのスプーンは容量が30ccと小さめですので1度にたくさん飲みたい方は別のものを利用することをおすすめします。

エクスプロージョンホエイプロテインのスプーン

左:エクスプロージョン、右:MYPROTEIN

溶けやすさ / 泡立ちについて

シェイク後のフタ

左:エクスプロージョンホエイプロテイン、右:MYPROTEIN Impactプロテイン

溶けやすさについて私が普段愛用しているMYPROTEIN Impactホエイプロテインのチョコレート味と比較します。

比較は250mlの水道水に30gのプロテインパウダーを加えて同じようにシェイクした結果です。

比べてみると写真のようにエクスプロージョンホエイプロテインのほうが粉が残っていないことが分かります。(MYPROTEINは細かい粉が残っています)

粉が残っていると口当たりが悪いですし、全て飲み切れないため、溶けやすいことはとても良いですね。

シェイク後の比較

左:エクスプロージョンホエイプロテイン、右:MYPROTEIN Impactプロテイン

泡立ちはエクスプロージョンホエイプロテインのほうが立っていますが、粉などはこのように比較してもMYPROTEINのほうが残っていることが分かります。

泡が立っていると口当たりは多少悪いものの、私はそこまで気にならない程度でした。

泡が苦手な方はMYPROTEINのほうがオススメです。

飲み終えた後

飲み終えた後のシェイカー

プロテインを飲む前は粉の残りは無いように見えましたが、飲み終えた後は、少しだけ残りの粉があることが分かりました。

ただ、MYPROTEINに比べると断然少ないです。同じ国産のbe LEGENDは、全く粉は残っていなかったため、気になる方はbe LEGENDをオススメします。

味 / 口当たりについて

味は同じ国産プロテインであるbe LEGENDに比べるとかなり甘く、飲み心地はドロッとしています。

海外製プロテインは甘いものが多いですが、それに近いくらいの甘さがあり、濃い味が好きな私でもちょっとくどいなという印象です。

甘さと飲み心地のドロッとしている感じがありますのですっきりと飲みたいという方や夏などの暑いときにはあまり向かないです。

そのため、飲む際は、なるべく水を多くするなどすることをオススメします。

ただ、甘さはあるけどまずいわけではありませんので甘いチョコレート味のプロテインが欲しいという方にはもってこいのプロテインです。

付属品について

エクスプロージョンステッカー

エクスプロージョンホエイプロテインは注文するとプロテインと一緒にステッカーが2枚付属してきます。

エクスプロージョンホエイプロテインの評判・口コミ

エクスプロージョンホエイプロテインの評判や口コミをTwitterから拾ってみました。

味に関してかなり評価が高いこと、国内メーカーの安心感が評判です。

最後に

エクスプロージョンステッカー

途中でもご紹介しました通り、エクスプロージョンホエイプロテインは、基本が3kgサイズで他にはお試し用の300gサイズしかありませんが、3kg x 3パックのお得なセットも販売されています。

コスパを考えるのであれば3kg x 3パックのもののほうがもちろん良く(1kg当たり160円ほどお得)、海外製プロテインで最安のMYPROTEINにも匹敵する値段となりますのでお気に入りを見つけた際はこちらを購入することをオススメします。

ただ、たんぱく質含有率にこだわるのであれば海外製プロテインのほうが高く、効率的にたんぱく質を摂取したい方にはやはりおすすめです。

純国産にこだわらないのであれば更にたんぱく質含有率も高く、安価なおすすめプロテインをこちらの「安くて品質の高いおすすめホエイプロテインを海外製 / 日本製のそれぞれご紹介!」でご紹介していますのでこちらもぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました